外貨の金融資産を増やす必要性

為替市場では海外通貨に対して日本円が安くなるトレンドが出ています。
今後も日本では金融緩和を継続していくことから、円安の流れが続く可能性が高いです。
そうした為替市場の環境があるために、現在は外貨の金融資産を増やすことが重要になっています。
外貨の金融資産を保有すれば、為替市場で円安となっても資産が増加することが期待できるからです。
外貨資産としては、外貨建てのMMFや公社債の投資信託などが挙げられます。
外貨資産の対象国としては、金利の高いオーストラリアやニュージーランドのオセアニア通貨を多くポートフォリオに組み入れたいところです。
また、アメリカでは利上げ観測があることから、ドル通貨の金融商品を組み込んでおくと多くの為替差益が見込めるのではないでしょうか。